カーナビ音声「速度超過を検知しました」の消し方

2017のゴールデンウイークは東北旅行になりました。いつものように仙台空港のレンタカー屋さんでカーレンタル。

さあ出発!とクルマを走らせたら、カーナビから「速度超過を検知しました。安全運転を心掛けましょう。」と音声が流れました。

どうやら制限速度を越えると音声が流れるようです。1度や2度くらいなら気にならないのですが、時速60kmを超えるくらいで言われるので、頻繁に注意されてしまいます。

※数年前、父が仕事でレンタカーに乗った際に、「この音声が100回以上流れて本当にイヤになったけど、消し方が分からなかったからすごく困った。」と言っていました。

2泊3日の東北旅行中、ずっとこの速度超過の注意を受けるのかと思うとゾッとするので、なんとか音声の消し方を探してみました。そこで、車載のカーナビマニュアルを読んだのですが、どこを見ればわからず・・・

仕方なく、適当にポチポチとボタンを押してみたら、消し方が分かりました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「安全運転警告」の音声を消せばOK

機能設定①「メニュー」ボタン → ②「設定・編集」 → ③「機能設定」

安全運転警告
①「ルート・案内」 → 下にスクロールして ②「安全運転警告」

オフにすると消せます
「OFF」を押して終了です。(あとは現在地ボタンを押して画面を戻します)

この設定変更によって、「急ハンドルを検知しました。安全運転に心掛けましょう。」といった音声も消すことができます。

レンタカー屋さんでは大抵この「安全運転警告」の音声がデフォルトで「ON」になっていると思いますが、最初から営業所の人に消し方を聞くとか、代行で設定をお願いするのもアリですね。

なお、言わずもがなですが、音声で言われるとおり安全運転には十分心がけましょう。特にレンタカーを利用する時は、慣れない車を運転することになり、普段以上の注意が必要です。今回は音声の消し方を載せましたが、決して危険な運転や周りの迷惑になるような運転をしないよう注意しましょう。

※なお、今回のナビはPioneer製の「carrozzeria AVIC-RZ500」というカーナビでした。道案内は大変わかりやすく、自分の車にも付けたいくらいの良いナビでしたよ♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告